受講した講義のまとめ

昨日期末試験がやっとこさ終わった。 いい機会なので取った講義をまとめておく。 どこにも需要はないだろうけど…

2020-21 Sem. 1

コロナの関係で渡航できなかったため、完全オンラインの講義のみ受講*1

DM6190 Special Topic: Image Segmentation

画像処理の基礎からState-of-the-artのImage Segmentationまで一気に駆け抜ける授業。 自分でDNNベースのモデルをkaggleのデータセットに適用してスコアを上げてみる、というプログラミング課題と、画像処理の論文について発表する課題があった。 DNNを独学しようとすると、著者がどういう意図を持ってモデルを組み立てているのか全然わからないけれど、その辺りのニュアンスを先生から聞けるのは非常によかった。 講義で触れられるDeepLabv3等の超有名モデルはある程度おきもちが感じられるのだが、学生が課題で紹介してくれたNIPS等に発表された論文はまるでおきもちが理解できないので、この界隈は関わりたくないなという強い決意を新たにした。

自分の発表課題では、ちょうど半年前に発表されてシンプルで面白いなと思ったNeRFを紹介したのだが、その後NeRFベースの研究が爆発的に増え、自分結構見る目あるんちゃうかと勝手に思っている。

CE7491 Special Advanced Topic: Digital Image Processing

こちらも画像処理の講義。前半は古典的な画像処理について、後半は画像・動画復元、セグメンテーション、Image to Image Translationについて講義。 前半は既知の内容が多く、後半はDM6190同様ニュアンスや意図を聞けてよかった。

2020-21 Sem. 2

CE7426 Advanced Topics of Convex Optimization

凸最適化についてStephen P. Boyd先生の教科書の内容をベースに教えてくれる授業。 わからないことがわからない、みたいな質問にも根気強く説明していただけたので非常によかった。 web.stanford.edu Boyd先生も授業動画を公開してくれているので、それを見てさくっと理解できればいいのだけれど、さくっと理解できない話は動画を見るだけではわかったかどうかもわからない、みたいになりがち。 全然わからない話は、毎週強制的に講義を受け、頑張って理解しようと悶々とすることが大事で、そういう努力は独学ではやっぱり難しい。 凸最適化は幾何的な解釈ができるので想像しやすくて、講義と試験が終わった今となっては、概念としては簡単じゃん、と思うのだけれど、わかるまではしんどかった… 今までは双対って結局なんやねん、と思っていたけれど、ようやく血肉になった気がする。

CE7453: Numerical Algorithms

Tim Sauer先生の数値解析本をベースにした講義で、方程式の求解、微積分、補間、固有値特異値分解、などなどに触れる。 パッと見簡単そうだな、と思って受講したのだけれど、自身の理解が浅いことを痛感した。 B-Splineのknot vectorをいじると曲線がどうなるか、という直感が得られなくて厳しかった。 内容自体はそんなに難しいわけではないけど、体調が悪かったために期末試験で講義内容を覚えていなくてだいぶやらかした。

www.pearson.com

EE6221: Robotics and Intelligent Sensors

これはロボティクスの基礎の授業。単位を取りにいっただけなのでこれといって目新しさはなかった。 復習としては非常によかったし、期末試験でもないとちゃんと覚えるという行為をしないので良い機会だった。

以上、講義を受けて単位をとるのは大変だけど楽しいね。

*1:完全オンラインである、とシラバスに書いてあるわけではないので、受講可能な講義を探すのが大変だった…

眩しすぎる

とにかく眩しい。

昼間に出かけるときはいつもオーバーグラスタイプの遮光メガネをかけないと目がやられる程度には眩しい。

f:id:ompugao:20210423135802j:plain

15万ルクスとは。

他の人達は普通に出歩いてるので僕だけなのか?と思っていたけれど、なんとはなしにラボの学部生に眩しくないの?と聞いてみたら眩しいのでいつも目を細めてますとのことなので、そうなんだと思った。

幼少期からここで育ったシンガポール人は瞳孔がほぼしまってたりするのかな。

f:id:ompugao:20210423135049j:plain

マーライオンを見てきたよ

友人と夕飯を一緒したあと、散歩がてらマーライオンを見てきた。渡航して4ヶ月、こんなことでもないと足を伸ばさないのは勿体無いような気もするが、出かける気にならないのだからしょうがない。
このライオン、なるほど確かにちいさいね。 f:id:ompugao:20210417141708j:plain

日本から離れた地で知り合いが仲良くしてくれる、というのは大変ありがたいことだなぁとしみじみ思う。

続、眼精疲労がつらい

前回以降、眼精疲労が完治せず、手持ちの処方薬がなくなってしまうので、 4/13に病院を訪ねた。 ompugao.hatenablog.com

学校の大きめの医務室みたいな病院なので眼科に行ったわけではないが、 こんな処方薬(ミオピン点眼薬)を使ってます、と伝えると、なんでこんな目薬使ってるの?抗生物質入ってるよ?と言われて、僕に言われても…処方されて使ってるだけだし…となった。

喉の痛みの時にも、ペラックを飲んでます、と伝えると、これのどの痛みには効かないよ?なんで飲んでるの?などと聞かれたし、どうにもシンガポールのお医者目線だと日本の薬は奇異に見えるということが続いていて、どういうことなんだろうと思っている。

それはそうと、眼精疲労については薬局で普通に売っている以下の薬を処方された。 f:id:ompugao:20210417140935j:plain えー…処方薬じゃないの…と少しがっかりしたけれど、これが日を追うごとにじわじわと痛みを緩和していってくれており、市販薬すごいなと驚くと同時に嬉しい。 完治させたい。

上の目薬は封を切ると1ヶ月で処分しないといけなくて、 お医者さんはCelluvisc, Lubricant Eye Dropsという使い切り型の目薬をおすすめしてくれた。 薬局で全然見つからないのだけれどどこに売っているのやら。

目薬の画像
お医者さんおすすめの目薬

git-credential-gnome-keyringを捨てよ、git-credential-libsecretと旅に出よう

git credentialにgit-credential-gnome-keyringを使うのは推奨されていない。 なぜならlibgnome-keyringがdeprecatedのため。 実際ubuntu20.04ではgit-credential-gnome-keyringのビルドに必要なlibgnome-keyring-devなるpackageは存在しない、 代わりにlibsecretに移行せよとある。 Initiatives/GnomeGoals/LibsecretMigration - GNOME Wiki!

ということで以下ubuntu20.04での設定方法。

sudo apt install libsecret-1-dev
cd /usr/share/doc/git/contrib/credential/libsecret
sudo make 
git config --global credential.helper /usr/share/doc/git/contrib/credential/libsecret/git-credential-libsecret

おわり。

すぐに電話をかけてくるのやめてほしいけど、これがグローバル社会での働き方なのかもしれない

聞くところによると、シンガポールは世界でも一位二位を誇るデジタル化が進んだ国、ということらしい。 確かに様々なサービスがウェブ上で申請できるし、人々は個人のwhatsappアカウントで仕事をする。 病院の予約や企業の営業の人等はビジネス向けのwhatsappアカウントで連絡できたりする。 そういえば隔離期間中の連絡や位置の共有もwhatsappだった。 銀行各々がQR決済アプリを出してるし、個々人の送金も相手の電話番号さえわかればアプリやWebでシュッっと完了する。

その一方で、あらゆる人間が電話で連絡しようとしてくる。 銀行の人はwhatsappでメッセージを送るとなぜか電話してくるし、 家探しのエージェントもすぐ電話してくるし、 美容院でwebサイトのメール予約フォームから予約すると電話してくるし、 病院は会計の準備が終わると電話してくる。目の前にいるんですけど。

喉が痛いから、というのもあるけど、電話はログに残らないし、コンテキストスイッチを強制してくるし、そもそも英語が聞きとれないので困る。 電話以外での非同期な手段で連絡をくれ、というきもちを込めて電話を取らないでいたら諸々の処理がストップしてしまったので、 電話が来たら毎回しぶしぶ取るようにしている。

これではデジタル化もなにもないだろう、rebuildの宮川さんだって電話とってないぞ、ともやもやしていたのだけれど、 最近以下のpodcastを聴いて、腑に落ちた。ここの人達は働き方が違うんだ。

anchor.fm

podcastの内容は、タンザニアの商人は他人とのネットワークの中に生きていて、今のビジネスがだめになっても、それまでに色んな人と関係をもって貸し借りを作っておき、困った時には貸した相手に頼る、そしてまた起業する、というサイクルの中に生きている、というもの。 そんな社会においてはフットワークがめちゃくちゃに軽くないといけなくて、即断即決を是とする。 即断即決しないといけないのに非同期な連絡手段で返事を待つ、なんてことはやってられないのだ。 まず電話、了解を得たら行動し、後で必要とあらばメッセージを送る。

日本のどっしりとした仕事も安心感はあるけれど、スピードでは全く敵わない。 日本で1週間かかるところをここでは電話1本で完了する。 少々のミスは許容して、ミスしたら即修正する。 この働き方には未だになじめていないのだけれど、これが物事がすさまじいスピードで変容していくグローバル社会においてあたりまえの働き方なのではないか、と思うようになった。 そんな当然のことを言われても…と思いもするだろうけれど、実際にそんな人達と関わってみると、その異質性のために大変な息苦しく感じる。

もう少しゆっくり生きたいのだが。

眼精疲労がつらい

健康って難しいね。

ちょっと無理したせいで目と頭痛がひどく、目をあけているのがつらくなった。 1日podcastを聴いて目を休ませても治らないので、日本で処方してもらったミオピン点眼薬を1日使って何もせずにいたらなんとか治ってきた。 もう1日あれば治るかも、という感じ。

海外だとおいそれと医者にかかれないので、なんとか健康を維持したい…

[3/29追記]やっと治った。長かった。