コロナに感染した

経過をメモしておく。随時追記もしていく。

  • 9/7:喉を冷房でやられたようなイガイガを感じる。逆流性食道炎とはまた違った痛みで、あーこれはもしや…となる。
  • 9/8:朝、自宅ARTで陰性となるも、体温が昼過ぎに37.6度、夕方には38.6度、夜に39.1度と一気に体温が上がる。パラセタモールを寝る前に飲むも、夜中にあまりの頭痛と胃もたれで呻きのたうち回る。
  • 9/9:朝、自宅のART陽性。体温は38.1度。自分は寝室にひきこもり、隔離。頭痛、倦怠感、咳、のどの痛みなど。
  • 9/10, 11:37.2-5度程度の微熱。頭痛に波がある。
  • 9/12:体温は平熱にもどる。倦怠感が常にあり、少し動くと、もう寝ないと体がもたない。
  • 9/13:自宅ARTで陽性。自宅内隔離継続。
  • 9/15:自宅ARTでうっすら陽性。
  • 9/17:自宅ARTで陰性。倦怠感、頭痛、咳、のどの痛みあり。
  • 9/19:作業を再開するも、倦怠感がひどく、考えることが困難。のどの痛みも継続。頭痛の頻度は減った。作業効率が悪い。
  • 9/21:発症から2週間倦怠感がとれないため、病院で血液検査をしてもらう。甲状腺などは問題なく、いわゆる後遺症だねとのこと。
  • 9/26:倦怠感がマシになったのでオフィスに行こうと考えるも、朝食後にやはり倦怠感を感じ、自宅に篭る。
  • 9/27:倦怠感重め。←記事公開時ココ
  • 9/28:よく寝たはずだが眠気がある。コーヒーを飲んでもとれない。
  • 9/29:治った気がする。オフィスに行って仕事をする。
  • 9/30:治ってない。倦怠感でぐったりする。

ウイルスの直接的な症状からは大体2週間+α程度で回復した。 人によっては3,4日や1週間程度で回復するらしいが、長いと8週間とかかかるらしいので、まぁそういった人よりはマシだったのでよかったと思う。 発症から1週間後の倦怠感だけ残った状態がとてもつらく、残りの人生でずっと倦怠感がある状態で過ごすことになったらどうしようと精神的にも厳しかった。 今はだいぶ治ってきたので精神的な面では楽。

とはいえ未だに倦怠感が残っており、慢性疲労症候群にならないよう無理をしないことを第一に過ごしていくことにせざるを得ないが、頑張り時なので困る…

まばたきを促すアプリを作った

集中しはじめるとまばたきが疎かになりがちなので作った。
画面を縁取ってちかちかする。
以下の動画をフルスクリーンで見ると雰囲気が伝わると思う。 youtu.be

これが本当にまばたきを促しているかはわからない。 集中しているときにはただ鬱陶しいだけかもしれないが、集中しているときこそ目に入ってきてほしいので、どうにも難しい。

以下にwindows, mac, linux向けのビルド済みの実行ファイルがある。 github.com

Researchat.fm #145 ざっと感想

researchat.fm

人の生きてきた過程を聞くの楽しいね。

  • Biobotも下水疫学も初耳。おもろい。
    • ざっとウェブサイトを眺めた感じだと、話にあったprotocol開発とデータアナリシスが本業っぽい?
    • 下水のサンプルは自動でとれないんだろうかとか、どれくらいの頻度で情報が吸いあげられるんだろうかとか、定常的にデータをとれないんだろうかとか、検査キットやの衛生面の管理とかどうやってるんだろう(サンプルは社に送って検査して使い捨てっぽい?エッジ側で定常的にデータ解析をして人が介在しないようにできないのかな?)とか、エンジニアリング方面の興味がわいた。
    • あとはビジネスモデルがどうなってるのかも気になる。そもそもどれくらいの売上になるのか検討もつかない。
  • エチオピアフィールドワーク、大変すぎる。僕はようやらん。

シンプルにバイタリティがあってパワフルな人はすごい。 30も超えて、身体のあちこちにガタがきているせいもあって色々億劫になっている身からすると尊敬の念しかない。

LogiのLiftはいいぞ

こないだLogiのLiftなるマウスを買ったわけなんですが、買ってよかった。 ompugao.hatenablog.com

いいところ:

  1. 手首が圧倒的に楽。普通のマウスがしんどい。
  2. クリック音が小さい。(カチ...)くらい。
  3. smooth scrollがある。
  4. logi boltで接続先の切り替えが簡単。マウス裏のボタンを押すだけ。(無線の仕様をオープンにして各社共通化してほしい)

ウーンなところ:

  1. 背が高い。キーボードと行ったり来たりするときにぶつかることがある。縦型だからしょうがない。
  2. 持ち上げにくい。まぁそんなに頻繁に移動させないからヨシ。

かなり気にいってる。買うまでにだいぶ迷ったけど買ってよかった。

マウスをポチった

オフィスにはデスクトップPCに付属する安いマウスしかなく、 クリックやスクロールするたびに指にダメージを感じるので新しいのをポチった。

結局、割と最近発表されたLogiのLiftにした。

トラックボールも迷ったけど、以前M570tを使ったときにどうしても慣れなかったことがあったので冒険しなくてもいいかな、ということでマウスを物色した。 メーカーは安心と信頼のLogitechの中でも、 クリック音が大きいものが好みでないので、 MXシリーズの最近のもの(MX master 3とかMX Vertical)は除外。 今家で使ってるM650も気に入ってるのだけど、ちょっと横スクロール時に親指が疲れるから傾いてるやつにしてみよう、ということでLiftにしてみた。

ちょっと背が高いのが気になるけど、わくわく。

円安がひどすぎるせいか、シンガポールのshopee等で購入するよりも、日本のAmazonで購入してシンガポールへ配送してもらう方が配送料込みでもだいぶ安い。日本市場は魅力的でなくなっていく…

opencvのGUIが起動できない

pythonopencvを使っていると以下のエラーでGUIが使えなかった。 適当にググるとcondaを使え、などと書いてある。condaは使いたくない。

error: (-2:Unspecified error) The function is not implemented. Rebuild the library with Windows, GTK+ 2.x or Carbon support. If you are on Ubuntu or Debian, install libgtk2.0-dev and pkg-config, then re-run cmake or configure script in function 'cvNamedWindow'

以下で解決。

# opencv-pythonやopencv-python-headlessとversionを揃える
pip3 install opencv-contrib-python==$(pip3 list 2>&1|grep opencv-python|head -n1|awk '{print $2}')